カメラ・写真 トップページ(90記事)

Neewer の可変NDフィルター(ND2-400)を買いました。コレをもっと早く知りたかった・・・。

情報って大事。もっと早く知りたかった。

つい先日のことです。
日中でもカメラの長秒撮影を可能にするための「NDフィルター」についてこんな記事を書きました。

1,000円くらいで6つの濃度をサポートするお得なNDフィルターセット!NEEWER NDフィルターキット(ND2 ND4 ND8)

このとき購入したNDフィルターは、ND2、ND4、ND8という3つの濃度がセットになったもの。
この3つのフィルターを重ねて使うことで、6つの濃さを実現できるということで感動していたのですが・・・もっと便利なNDフィルターがあることを知ってしまいました。

それは「可変NDフィルター」というもの。

本当、もっと早く知りたかった・・・。

Neewer 可変 ND2-400 NDフィルター

今回購入したのは、皮肉にも先日購入したNDフィルターと同じメーカー「Neewer」の可変NDフィルター

これ一枚で、ND2からND400までの範囲をサポートできるNDフィルターです。

この前のNDフィルターは組み合わせて6つの濃度になりましたが、こちらはND2〜ND400までの濃さが実現可能です。この差。

可変NDフィルターは、その名のとおり濃さを調整することができます。
フィルター事態をネジ式に回すことで濃度調整をします。

フィルターの側面には、濃度調整のための目盛りがふられていますね。

これがMAX(ND400)の状態。フィルター面は真っ黒です。

これがMin(ND2)の状態。フィルター面はうっすらと暗くなる程度ですね。

わかりやすいように下に説明書を置いてみます。

これがMAX(ND400)の状態。ほぼ説明書はみえません。

これがMIN(ND2)の状態。説明書が薄暗くみえていますね。

今回は現在使っているTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDに合わせて67mmの可変フィルターを購入しました。

レンズにはKenko MC プロテクター NEOという保護フィルターが付いています。その上から可変NDフィルターを装着しました。

ひとつ問題が発生しました。

Kendoのレンズフィルター + レンズフードを装着した状態では、可変NDフィルターの装着がかなり困難です。レンズフードが邪魔してNDフィルターを回して装着することができません。

頑張ればレンズフードを装着した状態でもなんとか取付可能ですが、屋外でこれをやると思うとちょっと微妙です。

「じゃあ、最初に可変NDフィルターをつけてからレンズフードをはめればいいのでは?」

と思われたかもしれませんが、上写真のように、この可変NDフィルターは回して濃度を調整するからか、純粋な67mmのフィルターよりサイズが大きいです。下のKenkoの保護フィルターと比べると、可変NDフィルターのところで一段高さが上がっているのがわかります。

なので、NDフィルターを装着してからレンズフードを装着しようとすると、NDフィルターが邪魔をしてレンズフードを取り付けることができません・・・これが残念なところです。

レンズフードを使っていると装着しにくいという問題はあるものの、たった一枚のフィルターでND2〜ND400までの濃度がカバーできるのは魅力です。

早くこれを使って滝や川を撮りに行きたいですね。

・・・前のNDフィルターをどうしようかな。

α7IIとα7III 用に購入したレンズやアクセサリなどのカメラグッズ 66個 まとめ

Neewer ND2-400 NDフィルターNeewer ND2-400 NDフィルター
  • Amazon
  • 楽天

カメラ・写真 トップページ(90記事)

ページの先頭へ