【レビュー】SEL24105G を1年間使った感想 FE 24-105mm F4 G OSS

一本だけで、なんでも撮れるレンズ。

SEL24105Gは、まさにそういえる万能ズームレンズです。

広角24mmから望遠105mmまでを幅広くカバーする画角。SONY純正レンズならではの速いAF。端正でシャープな画質。望遠端105mmで38cmまで被写体に寄れる接写性能。

「F4」という暗めの開放F値は、一見すると弱点にみえますが、SEL24105Gはレンズ内に「手ブレ補正(OSS)」を搭載しているため、感度を極端に上げなくても屋内や夜間の撮影に使えます。105mmの望遠画角と接写性能を活かせば、F4でも背景を大きくボカした写真が撮れます。

完璧。パーフェクト。
SEL24105Gは、まちがいなく最高のレンズです。

今回は私がSEL24105Gを1年間使ってみて気づいたことや、感じたことをお伝えします。SEL24105Gが気になっている方は、参考にしてください。

※この記事内の作例は、すべてLightroomの「Adobeカラー」でRawをストレート現像した写真です。

24-105mmは何でも撮れる

SEL24105G、最大の魅力は、24-105mmをサポートする幅広い画角です。「SEL24105Gを持っていけば必ずどうにかなる」。この1年間の結論がこれ。安心感が半端ないです。とりあえず、で持っていったはずなのに、気がつけば最初から最後までSEL24105Gしか使わなかったことも。あまりに便利すぎて、使わなくなってしまった他のレンズを見て心が痛むのが、最近の悩みです。

この1年間、SEL24105Gは旅行で大活躍でした。SEL24105Gの幅広い画角は、旅行のように「何を撮るかわからない」状況には最適です。食事の記録、景勝地の風景、観光地で気になったもの、泊まった部屋の全景。どんなシーンでもSEL24105G一本で撮影できました。

SEL24105Gを旅行のメインレンズにするようになり、気づいたことがあります。それは「旅行においては広角が24mmまであること」が、重要だということ。

↑上の写真は、すべてSEL24105Gの広角端24mmで撮影しています。

旅行において広角が24mmまであると、泊まった部屋や、美術館・博物館などの「部屋の角」から、何も考えずに部屋全体を撮れます。だだっ広い観光施設の外観全体も入れられます。これが28mmだと画角の広さが足りないことが多いんですよね。私はかつてタムロンの「28-75mm F/2.8 Di III RXD」を愛用していましたが、旅行においては「あとちょっと広ければ……」と何度も感じたものです。ファインダーで撮るのを諦め、おかしな体勢になりながらカメラを限界まで部屋の角に近づけて撮ってみるも、部屋全体は入らず。本当にかなしい。

SEL24105Gを旅行で使うようになってからは、その「あとちょっと」がなくなりました。わずか4mmの違いですが、広角側の4mmの違いは、望遠の数十mmの違いに値します。旅行においてこの4mmの違いがもたらす快適さを知ってしまうと、もう28mmスタートのズームレンズを持ち出す気にはなれません。

端正でシャープな画質

SEL24105Gを買っていい意味で裏切られたのが画質です。ズームレンズとは思えない端正でシャープな描写にうっとりさせられます。よくズームレンズの画質評価に「単焦点レンズみたいな」というフレーズを見かけますが、まさにそれ。SEL24105Gで初めて撮った写真を見たとき、あまりの画質の素晴らしさに、単焦点レンズの写真と勘違いしたほどです。

その写真がこちら。雑然としたダンボールのゴミを撮っただけの1枚。まるで単焦点レンズのようなシャープな描写に驚きました。シャドウの表現も実に素晴らしい。こんなに美しい黒のグラデーションを出せるレンズは、そう多くはありません。しかもこの写真、高画素機で撮った写真じゃないんです。入門機のα7c + SEL24105Gの組み合わせです。なのに、まるで高画素機で撮ったような解像感を感じさせる描写に、うっとり。はー、素晴らしい。

SEL24105Gの画質には、個性があります。ひとことで言えば「繊細」。線も色も、どこか上品さを感じさせる描写です。

F4でも室内や夜間でも使える

SEL24105Gを買う前、心配していたのがF4という開放F値の暗さです。昨今の標準ズームレンズの開放F値は、ほとんどがF2.8スタート。F2.8とF4、たった一段の差とはいえ、ISO感度でいえば「ISO3200とISO6400の違い」になります。ISO3200とISO6400ではノイズの出方が、かなり変わりますよね。ISO6400のノイズを知っていると、やはり一段でも明るいレンズを選んで、ISO感度を少しでも下げたいと思ってしまいます。

F4でも本当に大丈夫なのか?

悩みましたが、最終的には「暗いところは単焦点レンズに任せればいっか」と開き直り、思いきってSEL24105Gを買いました。

実際にSEL24105Gを使ってみると、予想以上にレンズ内の手ブレ補正が優秀で驚かされました。屋内ならシャッタースピードを下げてISOを上げなくても、静止物ならブレずに撮れます。さすがに街灯のない夜道や、観光地の暗いアトラクションなどでは、ISO感度を上げざるを得ませんでしたが、気になったのはそれくらい。F2.8のレンズを使うときのISO感度で、問題なく使えます。そもそもF2.8の「レンズ内手ブレ補正なし」のレンズより、F4の「レンズ内手ブレ補正あり」のレンズのほうが、シャッタースピードを下げられるはずなんですよね。そのうちちゃんと検証してみようと思いつつ、わざわざブレるまでシャッタースピードを落として写真を撮る気にはなれず、今日まで試さずじまいなのですが。

F4でも十分ボケる

結論から言ってしまえば、SEL24105Gでも背景をボカすことはできます。ボケの仕組みを知って撮れば、F4でも十分なボケが得られます。

当たり前ですが、F4のレンズは、F2.8のレンズなどに比べればボケにくいです。けれど、それはあくまでF4のレンズとF2.8のレンズが「同じ条件」で撮った場合の話です。

ボケの大きさは「F値、レンズの焦点距離、被写体との距離」という三要素で決まります。SEL24105Gは、焦点距離が105mmまであり、さらに望遠端で38cmまで寄れる接写性能が高いレンズです。つまり「望遠側で被写体に近づいて、被写体と背景のあいだに距離があれば、大きなボケが得られる」ということ。

すこし頭を使いますが、F4だからといってボカせないわけではありません。前ボケも後ボケも撮り方しだいで得られます。

↑の写真は、SEL24105Gの望遠端105mm、開放F4で撮影しています。これだけ大きくボカすことができればボケの量は十分。ボケ質もたおやかで心地よいボケです。

デメリット:軽くはない

万能といえるSEL24105Gにもデメリットはあります。1年間使ってみて一番気になったのは「重さ」です。

SEL24105Gの重さは663g。スペックを考えれば、けっして重すぎはしないものの、かといって軽いともいえない微妙なラインです。

私はこの1年間、SEL24105Gと軽量ボディの「α7C」を組み合わせることが多かったのですが、この組み合わせですら半日くらい持ち歩くと、腕が疲れます。桜や紅葉の名所に出かけ、ひととおり撮り歩いて戻ってくると腕がダルダルです。そういうことが何度かありました。

α7Cと組み合わせると、レンズが大きすぎて不格好になります。α7IIIやα7IVなどのような「ファインダーが軍艦部にあるカメラ」じゃないと、バランスが悪いです。

デメリット:価格が高い

これはSEL24105Gだけでなく、SONY純正レンズすべてにいえることですが、やっぱり価格が高いです。

私はSEL24105Gを「キャッシュバックキャンペーン」を利用して新品で15万円くらいで買いました。今となっては「これ一本でなんでも撮れる」のがわかったので、その価格を妥当と感じますが、購入前は「15万円の価値が本当にあるのか?」と悩みました。

SEL24105Gは高額なレンズですが、価格の問題は「中古品」で解決できそうです。
マップカメラの「SEL24105Gの中古品リスト」を見てみると、11〜12万円くらいで購入できます。SEL24105Gは発売から数年が経った現在でも、価格.comの売れ筋ランキング上位にいるレンズです。よく売れたレンズのため中古品の数が豊富で、中古の市場価格が安くおさえられているのでしょう。

いまの中古市場の状況を考えると、新品よりも中古品を買ったほうが、賢い選択なのかもしれません。

結論:買って損しない万能ズームレンズ

SEL24105Gを買うべき人は「何を撮るかわからない人」です。

何を撮るかわからない人、つまり「撮りたいものがまだ決まっていない初心者」「旅先での一期一会を記録したい」「スナップで瞬間を切り取りたい」こういう人です。未来に何を撮ることになるか、わからない人にとって、SEL24105Gほど頼もしいレンズはありません。どんな瞬間にも対応して、あなたの満足がいく写真を撮らせてくれると思います。

念のために書いておきますが、「星を撮りたい人」は、SEL24105Gを選んではいけません。星を撮るときは開放F値の明るさがモノをいいます。SEL24105Gでも星は撮れますが、ISO感度をかなり上げなくてはならず、ノイズだらけの写真になってしまいます。星撮りは三脚を使って撮影するので手ブレ補正も意味をなしません。

最後に、私はSEL24105Gを「これまでカメラをずっとやってきた人」にもぜひ使ってみて欲しいと思います。というのも、私はSEL24105Gを使って、はじめて85mmくらいの望遠域が自分にとって使いやすい画角なのだと気づけたからです。

私はこれまで35〜50mmくらいの標準画角が自分に合っていると思っていました。もちろん、これまでも望遠域を使って来なかったわけではありません。過去ログを見てもらえればわかりますが、中望遠〜超望遠の経験も多くあります。けれど、SEL24105Gの24mm〜105mmを「シームレスに画角を選べる環境」になって、はじめて気づけたことがあります。
この1年間のSEL24105Gで撮った写真を見返すと、85mm〜105mm付近で撮った写真が圧倒的に多かったです。SEL24105Gは、いろんな画角を選べるというのに、実際に使った画角がこのあたりに集中するのは、何を意味するのか。そう、それは「私のモノを見る視野」が、ふだんから中望遠的であることを意味します。

自分の視野は中望遠的なのではないか? その仮説を検証すべく、最近になってSIGMA 90mm F2.8 DG DNという中望遠の単焦点レンズを買いました。いずれこちらのレンズのレビューも書くと思います。
これがもうドンピシャで。これまでも85mmや90mmの単焦点レンズを買ってきましたが、「自分に向いている」と意識しながら使ってはいませんでした。それがSEL24105Gのおかげで気づけた「自分に向いている画角」として意識しながら使ってみると、本当に中望遠が使いやすくて。これまでの倍以上は写真が撮りやすくなりました。

「自分に合った画角と、それをちゃんと自分で意識すること」

それで写真の撮りやすさはこうも変わるものかと。もしSEL24105Gを使わなければそれに気づけなかったかと思うと、ちょっとゾッとします。
SEL24105Gは、私にとっては「自分に合った画角」を教えてくれた先生です。恩師と言っても過言ではないかもしれません。

これまでSEL24105Gのようなズームレンジの広いレンズを使ったことがない方は、ぜひ一度お試しになってみてください。それが自分に合った画角を知り、写真が変わるキッカケになるかもしれませんから。

SEL24105G | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

→ SONY FE 24-105mm F4 G OSS の 新品・中古レンズ 価格をチェック(マップカメラ 楽天市場店)

→ SONY FE 24-105mm F4 G OSS の 評価・レビューを見る(Amazon)

SONY FE 24-105mm F4 G OSSSONY FE 24-105mm F4 G OSS

【全107個】α7II,α7III,α7C,α7IV用に買ったカメラ用品・アクセサリのまとめ