カメラ・写真 トップページ(145記事)

カメラ用のグローブ(手袋)はミトン付きのカメラマングローブGrip Hot Shot IV(ケンコー・トキナー)がオススメ!

実はこれまでカメラ用の手袋って買ったことがありませんでした。

カメラ用のグローブっていっても、普通の手袋とそんなに変わらないのでは? そんな風に考えていたんですね。

でも愛用していたユニクロの手袋では真冬の気温には耐えられなくて。おまけに化学繊維のユニクロの手袋は、カメラの材質である金属やプラスチックとは相性が悪く、ツルツル滑ってカメラを落としそうになります。

これではいかんなぁ。
数千円を惜しんで数十万円のカメラを破損したとしたら目も当てられません。

「さすがにこの冬こそはしっかりしたカメラ用の手袋を買おう」

ちょうどそんなふうに考えていたとき、あるプロカメラさんがツイッターでこのカメラ用グローブを大絶賛していたんです。それがもう嘘くさいほどの大絶賛ぶりで。本当かなぁ、スポンサー案件なのかぁ、といぶかしく思いつつも、ほかに心当たりのなかった私は、そのカメラ用グローブを買ってみることに。

結論。もうね、冬に雪が降るところに住んでいるカメラマンは、みんなこのカメラ用グローブを買ったほうがいい。

カメラ操作はもちろんのこと、なにより超絶あたたかい。
これ以上よくできた手袋を、私はほかに知りません。

「そういえば、カメラ用の手袋ほしかったんだけど、まだ買ってないな」

毎年そんなことを考えつつも気がつけば冬の終わりを迎えていたという方は、ぜひ記事を最後までご覧になってみてください。きっとこのカメラグローブが気に入ると思いますよ。

ケンコー・トキナー カメラマングローブ Grip Hot Shot IV

今回購入したのは、カメラ用品メーカーのケンコー・トキナーが販売する「カメラマングローブ Grip Hot Shot IV」。Amazonで3,500円ぐらいで買えました。

このカメラマングローブの特徴は、以下の通り。

  • ミトン付きで手が超絶あたたかい
  • 指先を開けて細かい作業ができる
  • マグネットでロックできるから邪魔にならない
  • 手のひらのゴムでグリップ力抜群

順に見ていきましょう。

このグローブの最大の特徴は「ミトン」が付いていること。

通常、ミトン付きの手袋というのは、指先が空いた手袋なことが多いと思います。
しかしこのカメラグローブは、普通に指先まで覆うタイプの手袋にも関わらず、ミトンが付いているのがすごいところ。それが何を意味するか。手袋をミトンで覆えば、外気が氷点下でも中は超絶あたたかいということ。手袋ごしに雪をさわろうが濡れようがまったく冷えません。そりゃそうです。普通のカメラグローブの上に、さらにミトンを被せているのですから。
これなら氷点下に三脚を立てるようなことがあっても、指先が凍ってカメラや三脚の操作ができなくなることはありません。

で、購入前に思ったのが、このミトンがいらないときは外せたらいいなー、ということ。いつも厳冬期というわけではありませんから、外せたらオールシーズン使えそうだなぁ、と。

しかし残念ながらこのカメラマングローブのミトンは外せません。

でも、このミトンは、手の甲の部分につけられた強力なマグネットでロックされるようになっています。まったく邪魔じゃない、というわけではありませんが、不要なときに極力邪魔にはならないように作られています。

グローブをしたままポケットに手を入れようとして引っかかりを感じたことはありましたが、普段は想像していたほどミトンが邪魔にはなるようなことはありません。

あと、これは買ってみるまでわからなかったことですが、なんとミトンをしたままでもカメラ操作はできます。シャッターも押せますし、ダイヤルの類も問題なく回せます。

購入前はカメラ操作時にミトンを外さなければならない、と想像していただけに、この点は嬉しい誤算でした。思っていた以上にミトンをしたままでも、手袋の中で指先を柔軟に動かせることが驚きでした。

手のひら部分にはカメラが滑り落ちてしまうのを防止するゴム製のグリップが付いています。

写真だとゴム部分のパターンが光を反射して目立つように写ってしまいますが、実際に見るとゴム部分は黒色で悪目立ちするようなことはありません。私は日常生活で普段遣いしていましたから。

人差し指と親指部分は開けられる仕様で、指先だけを露出できます。

この手袋をしたままでも、スマートフォンなどのタッチパネルを操作することはできますが、細かな作業をしなければならないときに、指先だけを露出することができるのは便利です。暖かい飲み物を買うときに、財布からお金を取り出して自動販売機に入れやすくて便利でした。

手袋の指先を開けたときは、マグネットで指先部分をロックすることができます。作業中に脱いだ指先部分が作業を邪魔することはありません。

ひとつ難点をあげるとすれば、この指先の開口部分に入っているゴムが超強力で、血が止まりそうになること。なんでこんなに強く締め付けるのか不思議になるほど強いです。指先から手袋内に冷気が入らないように、という配慮なのだと思いますが、それにしても強力すぎやしませんか。

ちなみにサイズですが、身長173cmの男性で、手のサイズが大きくもなく小さくもない私でMサイズがちょうどいい、少し余裕があるかな? と感じるくらいです。サイズ選びの参考にされてください。
なぜかAmazonだとMサイズよりLサイズのほうが値段が安いです。なぜでしょうね。

このカメラマングローブには会社ロゴや製品名などが記述されていないところも、良いところです。普段遣いするのにありがたい仕様です。


カメラ操作や保温性にすぐれ、おまけに普段遣いもできる。
こんなにカメラ用グローブは、他にはないと思います。
雪国にお住まいのカメラさんは、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに余談ですが、どうしてもミトンがないバージョンが良い人は、ケンコー・トキナー カメラマングローブ Grip Hot Shot IIIを買うのがよろしいかと。このミトン付きがIVで、ミトンなしがIII。なので、ひとつ前のバージョンになります。

Kenko カメラマングローブ Grip Hot Shot IVKenko カメラマングローブ Grip Hot Shot IV

【全97個】α7II と α7III 用に買ったカメラ用品(レンズ、アクセサリ)【まとめ】

カメラ・写真 トップページ(145記事)

ページの先頭へ