Anker Nebula Capsule 3 Laser 用のケースを買って良かったという話

結論から言ってしまえば Anker のモバイルプロジェクター「Nebula Capsule 3 Laser」用のケースは「NICE COOL Nebula Capsule 3 用ケース」を買うのがオススメです。ネットに情報があまりなかったので人柱覚悟でこのケースを買ってみましたが、結果的に大正解でした。

今回は、NICE COOL Nebula Capsule 3 用ケースをオススメする理由について書きます。 Nebula Capsule 3 Laser 用のケースをお探しの方のケース選びの参考になれば幸いです。

セミハードケースだからキズや衝撃を防げる

このケースはセミハードタイプなので落下や衝撃から Nebula Capsule 3 Laser をしっかり守ってくれます。

このケースの材質は、防水性と衝撃吸収性を備えた「EVA素材」です。実際に手に取ってみるとプラスチックとも金属ともちがう不思議な感触がします。軽く叩けば「コン、コン」と乾いた音がして、指で思いっきり押せばほんのわずかにヘコみます。これまでに経験したことのない不思議な素材感です。

このケースはセミハードタイプのケースなので、ソフトケースとは違って剛性があり、これならプロジェクターを落下や衝撃からしっかり守ってくれそうです。ケースに備わった僅かな柔軟性は、ショックを吸収する役割を果たしてくれます。ハードケースだと衝撃がそのままプロジェクターに伝わってしまいますから、その辺りを考えてのセミハードタイプのケースなんでしょうね。

軽量・コンパクトで持ち運びやすい

Amazon の商品写真で見ていたときはわからなかったのですが、実はこのケースはかなり軽くてコンパクトなケースです。これは本当にうれしい誤算でした。持ち運びするにも楽ですし、プロジェクターを使わないときの収納場所としてもスペースを取らないので助かっています。

この軽さは先述したEVA素材によってもたらされたものなのでしょう。しっかりとした剛性がありつつも、軽くて持ち運びしやすいというEVA素材の特性は、まさにAnker Nebula Capsule 3 Laserのためにあるような素材といえそうです。

使わないときの収納場所に最適

このケースはコンパクトなケースですが、必要なモノをすべて入れておけるだけの収納力は備えられています。

ケースに何も入れていない状態。

プロジェクターを収納する部分。ゴムバンドが付いているので脱落の心配がありません。

Nebula Capsule 3 Laser を収納するとこうなります。

フタ部分に備えられたメッシュポケット。USB-Cケーブルやミニ三脚を入れておくことができます。

開け閉めしやすいダブルジップ式です。

このケースには Nebula Capsule 3 Laser に必要な付属品がすべて収まります。私はこのケースの中に、電源アダプタ、USB-Cケーブル、リモコン、ミニ三脚、そしてL字型のUSB-Cアダプタを入れていますが、ケースがパンパンになるようなこともなく収納できています。

余談ですが、 Nebula Capsule 3 Laser を買うならL字型のUSB-Cアダプタも一緒に買うのがオススメです。

Nebula Capsule 3 Laser を大画面で使おうとすると、投影面から距離を取らなければなりません。たとえば部屋の壁に投影するのであれば、反対側の壁ギリギリまで近づく必要があります。

しかし、 Nebula Capsule 3 Laser のUSB-C入力は「プロジェクターの裏側」にあるため、デフォルトのままだとUSB-Cケーブルが邪魔になって壁ギリギリまで寄れません。USB-Cケーブルが壁との間に距離を作ってしまうんですね。

しかしこのL字型のアダプタがあると、USB-Cケーブルを接続していても壁ギリギリまで Nebula Capsule 3 Laser を寄せることができて、可能なかぎりの大画面で映像を見ることができるようになります。

私はプロジェクターを「使うときだけ出してくるスタイル」で使っています。使うときに準備して、使い終わったら片付けておく、といった運用方法です。 Nebula Capsule 3 Laser はコンパクトなので出し入れや設置がカンタンなのが良いところですが、問題はその付属品の管理です。本体と一緒に電源アダプタやUSB-Cケーブル、リモコンなどを一ヶ所に置くとゴチャッとして見栄えがかなり悪くなってしまいます。非常に美しくないのが悩みのタネでした。

デメリット:値段が高い

このケースの唯一のデメリットが価格です。同じケースの前モデルのNebula Capsule 2用が2,000円くらいで買えるのに、このケースは3,500円くらいします。この価格差はいったい何によるものなのか……。

あまりに値段が違うので旧モデルの Nebula Capsule 2 用のケースを買って使えばいいのでは? という考えが頭をよぎったのですが、スペック表をよく見てみると Nebula Capsule 3 Laser は Nebula Capsule 2 よりサイズが大きいことに気がつきました。両者は見た目はほぼ同じに見えますが、サイズは意外にも大きく異なります。これは安物買いの銭失いになるな、と感じてやめましたが、結果的にこれが大正解でした。

このケースのプロジェクター収納部分は、プロジェクターのサイズギリギリに作られています。もし Nebula Capsule 2 用のケースを買っていたら Nebula Capsule 3 Laser が入らなかったことでしょう。

値段が高いのはデメリットですが、やはり専用ケースを買うのが無難と言えそうです。

まとめ:Nebula Capsule 3 Laser と一緒に買うのがオススメ

値段が高いというデメリットはあるものの、品質という意味では非常に満足感の高い買い物でした。

Anker Nebula Capsule 3 Laser は10万円を超える高級なポータブルプロジェクターです。それを不注意やミスで壊してしまったら、と考えると本当に恐ろしい。かといって持ち運ばないのもポータブルプロジェクターとしては本末転倒な話です。そのあたりの微妙な事情をこのケースがうまいことサポートしてくれます。

個人的には思っていた以上に収納時のスッキリ感が良かったです。私は Anker の Nebula シリーズは一通り経験してきましたが、片付けるときにケーブルなどがゴチャついてしまうのがイヤだなぁと思っていました。このケースのおかげで非常にコンパクトで、そしてキレイに片付けられるようになったのが本当にうれしいです。

Nebula Capsule 3 Laser 用のケースをお探しの方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

→ NICE COOL Nebula Capsule 3 用ケース の 評価・レビューを見る(Amazon)