カメラ・写真 トップページ(38記事)

超速で設置!軽くて剛性のあるカーボン製のトラベル三脚!VANGUARD トラベル三脚 VEO 2 265CB

軽くてコンパクトで携帯しやすいアイレベルの三脚が欲しい。

レンズ沼ならぬ三脚沼にハマっている私が、そんな贅沢な悩みをかなえるべく購入した三脚が「VANGUARD(ヴァンガード) トラベル三脚 VEO 2 265CB」です。

愛用のα7Ⅱを載せてみたところ。

耐荷重8kgなので当然ですが、ミラーレスが載ったくらいではビクともしません。

VEO2 265CBは軽くて剛性のあるカーボンが基本素材で、関節部などにマグネシウム合金が使われており、パーツの質感がとってもよいです。

丁寧な作りで高級感があり所有欲を満たしてくれます。

脚の伸縮はロック式ではなくてひねる(ねじる)タイプのものです。

軽い力でひねればすぐロックします。

今回は携帯性を重視したコンパクトなトラベル三脚を、ということで脚が5段階に伸縮するVEO 2 265CBを選びましたが、この三脚にはVEO 2 264CB
長さがあまり気にならない、携帯性は気にしないという方は4段階のほうがオススメです。

5段階は伸縮の手間がかかりすぎるな、という印象。縮長41.5cmというコンパクトさは素晴らしいんですけどね。

付属のキャリングケース。

センターポールのコラムシステム

VEO2 265CBの最大の特徴が、センターポールを回転させることができる「センターポールのコラムシステム」。

センターポールのコラムシステムとは、

折りたたんだ状態では中心にあるセンターポールを、

上に向かって反転させて、

この状態でロックする機構のことです。

このシステムのおかげで、面倒で苦痛だった三脚の展開から開放され、設置を素早くスムーズに行うことができるようになりました。

大型の三脚をお使いになったことがある人であれば、この便利さがきっとわかるはず。
あの億劫な作業がないというだけで三脚を持ち運ぶ気になれます。

カーボンならではの剛性と軽さ

VEO2 265CBはカーボンなので剛性があるのに軽いのも特徴です。

画像だけでどこまで伝わるかわかりませんが、カーボンはとにかく軽いです。

カーボン製の三脚ははじめて使いましたが、アルミ製の三脚に比べるとこんなにも違いがでるものか。
一度使ったらカーボン以外の三脚に戻れなくなってしまいそうですね。

軽いと風に煽られるのではないかと心配でしたが、台風クラスの風でもない限り大丈夫だと思います。

超ローアングル撮影も可能

VEO2 265CBは超ローアングル撮影ができるのも特徴です。

脚の付け根にある黒いボタンを操作することで、脚の開き具合を調整することができます。

ほぼ脚が床にべったりつくぐらいまで下げることができます。

アイレベルから地面スレスレの撮影まで幅広く使えるのがVEO2 265CBのいいところです。

アルカスイス互換の雲台

付属の自由雲台はアルカスイス互換のクイックシュー。

水準器もついています。

脇にあるネジで締め付けのトルク調整を行います。

雲台の品質はかなり高いという印象。

この自由雲台だけでもかなりいいお値段がしそうな気がします。

VEO2 265CB まとめ

軽い、頑丈、コンパクト。

アイレベルの三脚としては非常に優秀な三脚だと思います。

カーボンの軽さと、コラム式のセンターポールによる設置の早さはやっぱり便利です。

三脚は家に飾っておくものではなく、外に持ち出してガンガン使ってナンボ。
そう考えると、いかに持ち出しやすく億劫さを感じないか、という点は重要です。

VEO2 265CBは、その点を見事にクリアした三脚といえると思います。

個人的に旅行はコンパクトなカバンで歩き回りたいので、PORTERのカメラバッグ + PIXIという最強の組み合わせになるかと思いますが、ソレ以外の用途であればVEO2 265CBを使っていきたいな、と思っています。

トラベル三脚なのに旅行では使わないというのもなんですが。

キャッシュバック キャンペーン

VANGUARDでは、トラベル三脚の購入者を対象とした4,000円のキャッシュバックを行っています。
https://www.vanguardworld.jp/2018/07/13/veo2_cash/

購入するお店にもよりますが、実質2万円ちょっとでVEO2 265CBが買えるチャンスです。

α7 II 用に購入したレンズやアクセサリなどのカメラグッズ 24個 まとめ

VANGUARD VEO 2 265CBVANGUARD VEO 2 265CB
  • Amazon
  • 楽天

カメラ・写真 トップページ(38記事)

ページの先頭へ