カメラ・写真 トップページ(110記事)

NEEWER フィッシュボーン アルカスイス互換クランプが、モバイル三脚に最高だったという話

フィッシュボーン?

モバイル三脚用のアルカスイス(Arca Swiss)互換クランプを探していたら「NEEWER フィッシュボーンスタイルミニクイックリリース」なるクランプを見つけました。

NEEWER フィッシュボーン アルカスイス互換クランプ

フィッシュボーン、魚の骨。
たしかに形状は魚の骨そのもの。

NEEWER クイックリリースプレートNEEWER クイックリリースプレート

以前所有していたNEEWERの四角形のアルカスイス互換クイックリリースプレート↑に比べるとサイズは半分くらいとコンパクト。重さもかなり軽くなっているとのこと。

クランプにはしっかりとカメラを支えるホールド性や堅牢性も重要です。小さくて軽くてもしっかりカメラを支えてくれないのでは意味がありません。

しばらく悩んだものの、そんなに高額なモノでもないので買って試してみることに。
結果、なぜもっと早く買わなかったのか、と後悔しています。

購入前に心配していたホールド性や堅牢性は、従来品とまったく変わりません。しっかりとシューにクランプが食いついてきます。

ミラーレスカメラであればこれで十分ですし、一眼レフでもよほど長くて重たい望遠レンズを付けて使うのでなければ、これが最適解だと思います。

安い商品ですのであまり良い出来は期待できないなぁ、と思っていたのですが、これがまたよく出来ています。手に持ってみるとしっかりとした剛性を感じさせる重量感がありますし、ダイヤルを回せば加工精度の高さを感じます。

モバイル三脚に使うのであれば、もはやコレ一択といってもよさそう。

愛用しているモバイル三脚のManfrotto PIXIはもちろん、

超極小モバイル三脚のJOBYに付けてみてもいい感じでした。
安いですし、もうひとつ買い増したいですね。

私の使っているピークデザインのクイックシューとも相性ばっちり。がっちり固定してくれています。

ひとつだけ難点をあげるとすれば、クランプ自体に備えられた水平器が丸形ひとつしかないのが気になる人はいるかもしれません。

従来品の四角形のNEEWERのクランプは、縦横の側面に水平器が備えられていてわかりやすかったのですが、このフィッシュボーンタイプはクランプの上にひとつだけ。私はカメラに内蔵されている水準器で水平垂直を取るので問題ないんですけどね。

NEEWERのフィッシュボーンクランプは、現在販売されている中でもっともコンパクトなクランプ、カメラマウントだと思います。

サイズ的にはSUNWAYFOTO クイックリリースクランプ DDC-26もかなりコンパクトで質感が良いとききますが、軽さと値段を考えるとNEEWERのフィッシュボーンタイプが私には最適なのかな、と。

モバイル三脚をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

NEEWER フィッシュボーン スタイル ミニクイックリリースNEEWER フィッシュボーン スタイル ミニクイックリリース

【まとめ】α7II と α7III 用に買ったカメラ用品(レンズ、アクセサリ)【全85個】

カメラ・写真 トップページ(110記事)

ページの先頭へ