RICOH GT-2は「GA-2」ではなく「NiSiのアダプタ」で使うのがオススメ

GRIIIxでテレコンバージョンレンズ「GT-2」を使うなら、アダプタはRICOH純正の「GA-2」ではなく「NiSi GRIIIxアダプタ」を買うのがオススメです。

理由は「クロップズーム」にあります。

GRIIIxは「クロップズーム」を使うことで、3段階(40mm、50mm、71mm)の焦点距離が選べます(※テレコンを使わない状態の場合)。

これがGA-2でテレコンを使う場合は、2段階(75mm、106.5mm)のみになってしまうんです。しかしNiSiのアダプタでテレコンを使う場合は、3段階(60mm、75mm、106.5mm)をフル活用できます。つまりNiSiのアダプタでは、GA-2にはない「60mm」の焦点距離が選べるんですね。

GA-2で「60mm」が使えない理由は、GA-2に「電子接点」が付いていて、GRIIIxに装着すると自動で2段階しか使えない状態にされてしまうからです。なぜRICOHが60mmを使えなくしているのかは、不明です。なにか光学的な問題でもあるのでしょうか。私はNiSiのアダプタで60mmを使っていて、問題を感じたことはありませんが……謎です。

GA-2には「クロップズーム時の焦点距離を記録できる」というメリットがありますが、それよりもNiSiのアダプタの「60mmで写真を撮れる」ほうがメリットが大きいです。
なにか特別な理由がなければ、NiSiのアダプタを買ったほうが幸せになれるのかな、と思います。

ちなみに、すでにGA-2を買ってしまっている場合も、「電子接点をテープで塞ぐ」と、3段階のクロップズームが使えるそうです。ただし、その場合は、クロップズーム時の焦点距離はデータに記録されません。GRIIIxのデフォルト焦点距離である「26mm(※35mm換算で40mm)」のみが記録されます。

NiSi RICOH GR IIIx用レンズアダプターNiSi RICOH GR IIIx用レンズアダプター
RICOH レンズアダプター GA-2RICOH レンズアダプター GA-2