買い物・レビュー トップページ(399記事)

スマホやタブレットで読書に集中できないと思ったら「Kindle Paperwhite」を試すべき理由

「読書に集中できない!」

私はスマホやタブレットで電子書籍を読むのですが、いまいち本の内容に集中できないモヤモヤを感じていました。

なぜなのか理由はよくわからない。
だけどiPhoneやiPadだと注意力が散漫になってしまう。

雑音の多い電車の中で本を読むからなのかもしれない。
そう思ってはみたものの、家の中で本を読むときもやっぱり集中できない気がします。

仕事の向上に必要な読書がうまくいかないのは、私にとって大きなストレスになっていました。何か読書に集中できる方法はないものか。

そんな時、Amazonのタイムセール祭りで「Kindle Paperwhite」が3,000円オフで売られているのを見つけました。

3,000円オフとはいってもKindle Paperwhiteは10,000円ぐらいします。読書しかできない端末にわざわざ10,000円というのはどうなのか? と悩みましたが、10,000円で読書の質が向上 = 仕事の向上なら安いものだと思いなおし、エイヤ!でKindle Paperwhite購入してみました。

あぁ、なるほど。
これは久しぶりの「なんでもっと早く買わなかったんだ……(激後悔)」案件でした。
Kindle Paperwhiteを使って1時間ぐらいで理解できました。

「読書しかできない端末に、わざわざ10,000円も払う価値があるのか」

今ならこれが大きな間違いだとわかります。
正しくは、

「読書しかできない端末だからこそ、わざわざ10,000円払う価値がある」

こういうことなんです。

Kindle Paperwhiteというのは「図書館」です。
図書館では基本的に本を読むことしかできませんし、本を読むことに最適化されています。
となれば、図書館で読書がはかどるのは必然です。

対して、スマホやタブレットというのは「ショッピングモール」みたいなものです。
ショッピングモールでは色んなことができます。それゆえに、少しでもツマラナイ、おもしろくない、と感じたらすぐにほかのお店に足を運ぶことができます。いや、運んでしまえます。

読書は基本的には「自分が知らない知識」を身につけるためにするものです。自分が知らないことを理解するのは大変な作業です。理解が難しくて疲れを感じるときや、本の表現が悪く読みづらいこともあります。不快を感じることも少なくありません。

そんなとき、スマホやタブレットだといとも簡単にほかの快楽に逃げこむことができてしまいます。わざわざ不快な読書を継続するよりも、ほかの楽しいアプリを開きたい。そう考えてしまうのは、「不快」を避けて「手軽な快」を得ようとする私たちの本能的な行動です。

しかし、不快なときがあるからといって読書をしなければ知識は得られません。仕事の向上も望めなくなります。

そこで必要になるのが「忍耐力」です。難しいところやわからないところがあっても、読み飛ばしてでも先に進む。不快なことから目をそむけず、読書を継続する。知識の習得ステップに際しては、わからなくても先に進んだらわかるようになった、ということが多々あります。わからないところがあるから読むのをやめるのではなく、わからないからこそ先に進まねばならないのです。

だというのに、スマホやタブレットはいとも簡単に私たちから忍耐力を奪います。ドラッカーでマネジメントを学んでいたはずの私は、気がつけばモンストでひっぱりハンティングです。忍ぶことも耐えることも感じぬまま、不快な読書から手軽な快へと私を導きます。スマホやタブレットってすごい……自分の忍耐力の弱さを知った私は、自己肯定感がストップ安の爆下がりです。

その点、Kindle Paperwhiteは、私の自己肯定感を爆上げしてくれます。
ドラッカーでマネジメントを学んでいた私は、マネジメント
の知識を得ます。多少のわからないところや読みにくいところが出てきたところで、「スマホを取り出すのが面倒くさい」ので読書を継続します。

通勤時間をフルに読書に使えた私は、時間を有効に使えた気がしてうれしい気分になります。ゲームやSNSでは得られなかった満足感です。きちんと自分がやるべきと思うことをできた、これがどれほど自己肯定感の向上に貢献するかわかりますよね。
自己肯定感が上がった私は、さらに本を読むようになり仕事がうまくいくようになります。するとさらに自己肯定感は上がり、さらに本を読んで仕事がうまくいって・・・という好循環が生まれます。

まあ、まだ数日しかKindle Paperwhiteを使っていないので、後半は完全に想像でしかありません。
けれど、たった数日Kindle Paperwhiteを使っただけで、そんな未来がたやすく想像できるんです。それほど、Kindle Paperwhiteにおける読書体験は素晴らしいものがあります。

読書は一生を左右する重要な要素です。
もし、あなたがいま読書についてお悩みを抱えておられるのであれば、読書しかできない端末Kindle Paperwhiteをお試しになってみてください。

読書しかできない、それがどれほど頼もしいことなのか。
きっとそれを理解することになると思いますから。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダーKindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー

買い物・レビュー トップページ(399記事)

ページの先頭へ