買い物・レビュー トップページ(393記事)

マキタのコードレス掃除機(クリーナー)は「CL108FDSHW」をオススメする理由


低価格でダイソンにも負けない吸引力と評判のマキタのコードレス掃除機(クリーナー)。
数年前にはじめてマキタのコードレス掃除機を買って以来、仕事場や家庭用に買い揃えて、今回で3つ目のマキタのコードレス掃除機を買いました。

結論としては、これが本当に最高で。
マキタのコードレス掃除機は、もともと最高だと思っていましたが、今回のコードレス掃除機は、これまでのモデルで感じていたちょっとした不満が解消された完璧なモデルです。

ちょっとこれは、悩めるコードレス掃除機難民の方に、ぜひオススメしたい!ということで、今回はマキタのコードレス掃除機「CL108FDSHW」を紹介してみたいと思います。
なぜCL108FDSHWが最高なのか、それががきっとおわかりいただけると思います。

「CL108FDSHW」をオススメする理由

軽い


そう、このコードレス掃除機(CL108FDSHW)はめちゃくちゃ軽いです。その重さ、なんと1kg(バッテリーも含めて!)です。500mlのペットボトル2つ分。これで掃除機だというから驚きです。

コードレス掃除機の重量というのは非常に大事な要素です。
そもそもなぜコードレスを選ぶかといえばコードのない軽快さを求めてですよね。なのに本体の重量が重くては意味がありません。ダイソンのコードレス掃除機は2kg以上あります。このマキタのコードレス掃除機はその半分以下。比べ物にならない軽快さです。

この軽快さは、掃除嫌いを掃除好きに変えてしまうほどパワフルです。ホコリを見つけたらサッと掃除する習慣が身につきます。加えて、天井や壁を掃除するのも超簡単。男性であれば片手で楽々持ち上げて掃除することができます。

CL108FDSHWと比較されるモデルで紙パック式のCL107FDSHWという機種がありますが、重さは1.1kg。重量が100gほど増えるので、最軽量モデルが欲しい人はCL108FDSHWを買うようにしましょう。

ストレスフリー。
この言葉がピッタリの掃除機です。

ボタンがスイッチ式に改良された

これはこのコードレス掃除機だけでなく現行のほかのマキタのコードレス掃除機にもいえることなのですが、吸引をはじめるスイッチが従来のトリガー式からスイッチ式に改良されました。

従来のマキタのコードレス掃除機に採用されていたトリガー式は、ゴミを見つけたらピンポイントで吸引するような使い方には向いています。けれど、部屋の掃除のように全面を掃除したいときはトリガーを握り続けなければならず、不便さを感じていました。

スイッチ式になったことで、一度ボタンを押し続ければずっと吸引し続けれくれるようになりました。本当に楽。先述の壁や天井を掃除する際も、トリガーを握り続けなくていいのでやりやすくなりました。

長時間 使える

CL108FDSHWの連続使用時間は標準モードで25分です。25分あれば、大抵の掃除ならば一回の充電だけで終えてしまえると思います。当時のモデルは連続使用時間が10分などでしたから、かなり進化を遂げています。

上位の18Vのモデルになると、連続使用時間が40分や50分のものもありますが、個人的には25分もあれば十分です。それでもどうしても、という場合は、サードパーティー製のマキタ10.8Vの互換バッテリーを買うと、安あがりですオススメです。

静音性

CL108FDSHは、これまで使ってきたマキタのコードレス掃除機の中で、最も静音性に優れています。無論、掃除機であるからにはそれなりの音がします。まったくの無音というわけにはいきませんが、従来モデルに比べるとかなり静かになりました。あくまでも従来モデルに比べると、なんですけどね。

紙パック式ではなくカプセル式

これは人によって意見が分かれるポイントだと思いますが、個人的には紙パック式ではなく、カプセル式のほうが好きです。

紙パック式はゴミ捨てが楽で良いのですが、紙パックを買わなければならないのが面倒で…掃除機に電気代以外のランニングコストがかかるというのが気になります。

その点カプセル式はフィルターの掃除が面倒ではあるものの、出費をせずに掃除機を使い続けることができます。

別売りのサイクロンアタッチメントを買うと、ごみ捨てはかなり楽になるようですが、アタッチメントのせいで本体が重くなるのは嫌だなぁ、と。せっかくの軽快さが多少のゴミ捨ての楽さと引き換えになくなるのは微妙です。

価格が安い

そしてやっぱり価格の安さです。
この吸引力のコードレス掃除機が1万円ちょっとで買えるというのは、マキタならでは。ダイソンはデザインが良くて吸引力に優れているのはわかりますが、コスパで比較するとマキタのほうが断然お得感があります。

「CL108FDSHW」のダメなところ

オススメする理由ばかり書いて、気になるところを書かないというのも不誠実な気がしましたので、このコードレス掃除機の気になるところについても書くことにします。

バッテリー充電時の音の大きさ

これは昔からそうですよね。いや、マキタのコードレス掃除機でもかなり大昔のモデルでは充電時に音がしませんでした。音がするようになったのは、いまのバッテリーが採用されるようになってからです。

動画をご覧いただくとわかるように、充電時はずっとこの音がしています。通常は数十分で充電が終わるのでまぁ許容範囲とは思いますが、気になる方はいらっしゃるかもしれません。

ヘッドが貧弱

値段を考えれば仕方のないこととはわかるのですが、マキタのコードレス掃除機はヘッドが貧弱です。ゴミをかき出すローラーなどはなく吸込口のみ。一応、水切りのためのゴムがついていますが、それだけ。この辺は業務用の匂いがするところです。

コードレス掃除機ということを考えれば仕方のないヘッドだとは思いますが、ダイソンと最も大きく違うのはヘッドの造りかもしれません。

と、気になる点について書いてみました。

CL108FDSHWは、ちょっとした気になる点はあるものの、それを大きく上回ってかき消すだけのメリットがあるコードレス掃除機です。
これだけの吸引力があるコードレス掃除機がこれだけの値段で買えることを考えれば十分だと思います。

コードレス掃除機が気になっている方は、ぜひマキタのCL108FDSHWで軽快なお掃除タイムを手に入れてください。

マキタ コードレス掃除機 CL108FDSHWマキタ コードレス掃除機 CL108FDSHW

買い物・レビュー トップページ(393記事)

ページの先頭へ