買い物・レビュー トップページ(271記事)

新型AirPodsのワイヤレス充電はやっぱり最高!Qiに対応したAirPods with Wireless Charging Case

ワイヤレス充電規格の「Qi」に対応した第二世代のAirPods「AirPods with Wireless Charging Case」を買いました!

AirPods with Wireless Charging Case

今回購入したのはAirPods with Wireless Charging Case。

第一世代目のAirPodsとの違いは、ケースがワイヤレス充電に対応したことと、CPUの性能が向上したことによる接続速度の向上。形状や色などはそのままなので、マイナーチェンジですね。

AppleStoreで発表された直後に購入したのですが、Amazonでも販売していました

同梱物も第一世代AirPodsとまったく変わりありません。

第二世代はワイヤレス充電に対応したので、このライトニングケーブルを使う必要はなさそうですが。

ワイヤレス充電に対応したからといってケースはこれまでと何も変わりありません。サラッといいましたが、これって実はすごいことな気がします。

イヤホン本体もまったく変わりがありません。あまりにも違いがなさすぎてバージョンアップした感がゼロです。

ワイヤレス充電をしてみた

AirPodsをQi対応充電器の上に置くとすぐに充電が始まります。ケーブルレスの快適さは一度味わうと戻れなくなりますね。

ただし注意点として、スタンドタイプのQi充電器だと、充電コイルの位置によっては充電がはじまりません。この充電器は充電コイルが中央にひとつしかないタイプなので、スタンドのままでは充電されませんでした。
これから充電器もセットで買われる方は、この点に注意してください。

心配な方は、こういうパッドタイプのQi対応充電器を買われるのがオススメです。

AirPods with Wireless Charging Caseの感想

まず使ってみて驚いたのがその接続速度の速さ。前モデルのAirPodsを使っていた人なら、あのワンテンポ遅れて接続されるもどかしさをご存知かと思いますが、AirPods2ではそれが解消されました。

音質については同じ、のはずなのですが、良くなってる気がするんですよね。
ただ、音質が向上しているというのであれば、Appleが自信満々で公式サイトでそれをうたうはずです。それをしないということは、スペック的には前モデルと変わりはないのでしょう。

しかし気のせいというには小さな変化でもない、というか。
単に前モデルが劣化していたのか、個体差なのか、その辺りを言い出したらキリがありませんが、個人的には音の輪郭が前モデルよりハッキリして、音圧が向上したように思えます。

そしてやっぱりワイヤレス充電は便利だということ。
普段使っているiPhone XSもワイヤレス充電規格のQiに対応しているおかげで、私のデスク上はついにQi対応充電器のみしかないケーブルレス環境を構築することができました。

第二世代AirPodsは、ワイヤレス充電に対応しないApple AirPods with Charging Caseというモデルも同時販売されていますが、個人的にはQi対応充電器を買ってでもケースがワイヤレス充電に対応したAirPods with Wireless Charging Caseのほうをオススメします。

ちなみに前モデルのAirPodsはメルカリで売ったら12,000円で売れて驚きました。2年使って数千円で使えたことになります。Apple製品はリセールバリューが高いのも魅力です。今回購入したAirPods2も数年後でも高額取引が期待できそうです。

新型AirPodsが気になっている方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Apple AirPods with Wireless Charging CaseApple AirPods with Wireless Charging Case
  • Amazon
  • 楽天

買い物・レビュー トップページ(271記事)

ページの先頭へ