ブランドへの期待値が過剰だったのかな?今治産 ECOストライプ バスタオル

バスタオルがへたってきていたので有名な今治のタオルを試してみましたよー!

とはいうものの本気の今治タオルはやはり高く、値段をみてひよってしまったのでまずはタオル製造過程で出る「残糸」で作られた残糸バスタオルを試してみることに。

3枚セットで3480円。残糸だからといって特別安いわけではないですが、それだけに品質への期待ができるというものです。

1ヶ月使ってみて

正直なところAmazonのレビューで絶賛されるほどの実感はありませんでした。

もちろん品質が悪いわけではなく、洗濯しても吸水性が衰えるようなことはありませんし肌触りも良いです。
あくまで期待値が上がりすぎていたのかな、と。

考えてみれば珍しいですよね、ブランドを掲げているにも関わらずこういったB級品のようなものを販売しているというのも。


使用するにはまったく問題ない品質ですが、マーケティング的にはこういった製品を出さないほうがブランディングの観点からは良さそうな気がしますが。

今治産タオルと思って買うなら、キチンとした本気の今治産タオルを買ったほうが値段相応の品質を感じられて良いのかもしれませんね。