MHX日記:燼滅剣アーレー用の武器スロを使わない大剣装備(業物、抜刀術【技】、納刀術、集中)

二つ名ディノバルド大剣「燼滅剣アーレー」のような武器スロのない大剣用の装備です。

見た目

キメラ感のあるパーツのバラバラ具合が逆に山賊っぽい見た目として調和している気がしますね。

これにライトボウガンの神ヶ島を持たせたらきっとマタギに見えますね。剣士装備なのが悔やまれます(笑)。

スキル

・業物
・抜刀術【技】
・納刀術
・集中

武器スロを使っていないワリに充実したスキル構成ですよね。

「集中」で素早く溜めて「抜刀術【技】」で会心攻撃を叩き込んで「納刀術」で素早く納刀・・・というループは完成された定番の大剣の立ち回りですね。

エリアルなど色々やってはみましたが、やはり最後にはギルドスタイルでこのフローに落ち着きました。

素白のアーレーは「業物」があると斬れ味管理に気を使わずに立ち回れるのも嬉しいところですね。

装備構成

【武器】:燼滅剣アーレー
【頭】:マフモフSキャップ
【胴】:怒天ノ羽織
【腕】:怒天ノ篭手
【腰】:ヴァイクSフォールド
【脚】:ブラックSフット
【護石】:納刀+6 スロ3
【装飾品】:速納珠【1】×1、速納珠【2】×1、抜刀珠【1】×2、抜刀珠【2】×2

ポイントは頭装備に使っているガンナー装備の「マフモフSキャップ」で、剣士装備の「マフモフSフード」よりも溜め短縮の値が「1」高いので、キャップのほうを選ぶことでこのスキル構成を実現することができるようになります。

無論、ガンナー装備を選ぶことで剣士装備の時よりは防御力は下がりますが、このスキル構成は防御力を犠牲に払うだけの価値はあると思います。

お守りは「納刀+6 スロ3」が必要なので作成難易度は高めですね。

見た目&火力重視パターン

こちらは見た目と火力を重視したアーレー装備です。

スキルは「攻撃力UP【中】、抜刀術【技】、集中」。

先述の装備よりはスキル構成的な物足りなさは感じなくはないものの、一撃の火力はこちらのほうが上ですし、見た目もこちらのほうが良いですね。


本当に武器スロなし?と思えるほどアーレーには最適なスキル構成ですよね。
もし武器スロがあったとしてもこのスキル構成を選ぶと思います。

スキルのところでもいいましたが、やはり大剣はこれまでのモンハンシリーズで培われてきた定番の立ち回りが一番落ち着きますね。

これまでモンハンシリーズをプレイしてきた方は、そろそろいつもの大剣の立ち回りが恋しくなる頃かと思いますのでぜひ作成してみてはいかがでしょうか^^

→ オススメの大剣テンプレ装備一覧はこちら

モンハン記事の一覧はこちら