解決しました!EL CapitanにアップデートしたらIllustratorの右クリックでメニューが表示されない件

以前書いたMac OS X EL Capitanで外部ディスプレイ使用環境におけるIllustratorの右クリックでメニューが表示されない件がついに解決しました!

解決に繋がったのは例によって海外のAdobeフォーラムで見つけた以下のページです。
https://forums.adobe.com/message/8092176#8092176

これを元に手順を日本語環境に合わせて紹介しています。

まずはFinderの左側にある自分の名前(※人によってココの名称は異なります)のホームアイコンクリックして自分のホームフォルダへと移動します。

その後、Finderの「表示」メニューから「表示オプションを表示」を選択します。

※Finderの左側に自分のホームが表示されていない場合は、Finderの上メニューの 移動 > コンピュータ > Macintosh HD > ユーザ > ◯◯(自分で付けた名前)を左サイドバーにドラッグして入れておきましょう。

次に「”ライブラリ”フォルダを表示」というメニューを選択してライブラリフォルダを自分のホームフォルダ内に表示させます。

アプリケーション > Automator でAutomatorを起動し、「フォルダアクション」を選択します。

右上の「”フォルダアクション”は、次の場所に追加されたファイルやフォルダを受け取る:」の右にあるセレクトボックスから「その他」を選択します。

選択画面になるので、ユーザホーム > ライブラリ(先ほど表示させたフォルダ) > Preferences > Adobe Illustrator 19 Settings > ja_JP > WSMgrCfg と選択します。

※画像ではAdobe Illustrator 18 Settingsとなっていますが、これは私のサブ機が2014のままだったからで、2015だと18の部分は19と表示されます。

次にAutomatorの左側メニューの中から「ファイルとフォルダ」を選択し、次に「指定されたFinder項目を取得」を画面右側にドラッグします。

表示されたパネルの左下にある「追加」ボタンをクリックして先ほど↑で指定したのと同じ手順で「WSMgrCfg」を選択します。

次に真ん中のメニューから「Finder項目をゴミ箱に入れる」をまた右側の先ほどの「指定されたFinder項目を取得」の下にドラッグします。

一度右上にある「実行」ボタンを押して実行します。

成功すると画像のように「指定されたFinder項目を取得 完了」「Finder 項目をゴミ箱に入れる 完了」「ワークフローが完了しました」とAutomatorの画面下部分に表示されるはずです。

※この一度実行する手順は元フォーラムの手順にはないのですが、私は最初これをやらずに起動したら右クリックに変化がなかったので入れてみたらうまくいきました。WSMgrCfgを直接削除してもいけたのかもしれませんが。

ファイル > 保存で適当に名前をつけて保存します。

そしてIllustratorを起動してみると、

ちゃんと外部接続したディスプレイ上でも右クリックでメニューを表示することができました!

やっとデュアルディスプレイ環境でもEl CapitanにOSをアップデートする前の状態にIllustratorを復帰できました・・・長かった。


前回の記事がかなり共有されていたところをみると同じ問題でお悩みの方は多かったようですので、今回の記事が同じ問題でお困りの方の助けになれば幸いです。

ページの先頭へ