MH4G トップページ(52記事)

MH4G ゴグマジオスを双剣でソロ討伐(真双滅龍刃、強走薬未使用、巨龍砲など未使用)

ゴグマジオスソロに双剣で挑戦してきました。ポイントは「強走薬」を使わないことだったと思います。

討伐はソコソコ早かったですが、2死して崖っぷちの討伐でした。

装備

正直な話、護石まかせの本気装備なので簡単に作れる装備ではないかもしれません。

真双滅龍刃は斬れ味が短いのが特徴なので真打の斬れ味レベル+1と業物を発動させ、さらに砥石使用高速化がないと運用が難しいです。

今回、ゴグマジオスの重油で死んでしまうケースが多いので粘着無効と砥石使用高速化で悩みましたが、砥石使用高速化を選んだ結果が2死というわけです。

立ち回りのところでも書きますが、双剣だとリーチが短くて尻尾の付け根での攻撃が当たらないことが多く、右足に張り付きということになると思いますが、すると上から垂れてくる重油に当たる確率が上がるので粘着無効はあったほうが良いです。

今回、双剣のチョイスをミスってしまったかな、と。
ゴグマジオスにはTHEシャングリラや双龍剣【至極】などの斬れ味に比較的余裕があるものを選んで粘着無効を発動させるようにすると良いと思います。

立ち回り

基本的に右足にはりついて攻撃していきます。

鬼神化しての乱舞は使っていきますが、前述のとおりポイントとしては「強走薬」を使わないことです。

実は強走薬を使って一度チャレンジをしたのですが、鬼神化しての乱舞は攻撃モーションの拘束時間が長くゴグマジオスの攻撃を避けるのが難しくなってしまうのです。

スタミナに余裕があると思ってむやみやたらに乱舞してしまいダメージをくらうことになってしまうので強走薬は使わないほうが良いと思います。

鬼神乱舞は隙の大きな、のしかかりから跳ねた後、炎ビーム、重油を口から吐く時、などに限定して使ってゲージを維持しながら戦うのが良いと思います。

それ以外はMH4Gから追加された新モーションの回転攻撃からの連続攻撃でダメージを加えていくのが良いと思います。

施設使用は他のソロ討伐時と同じく撃龍槍と拘束のみで、初代撃龍槍や巨龍砲、バリスタや大砲などは一切使用しませんでした。

面白い話として、双剣は撃龍槍のあるところでゴグマジオスを待ち、両手が上にかかったときに鬼人化して飛んで回転乱舞をすると4〜5回の乗り蓄積をすることができます。操虫棍でも3回ぐらいなのに(笑)。

ゴグマジオスが飛んだときなどにモドリ玉で戻ったら積極的に狙っていくと良いと思います。

ジャンプ後の後半は自分で攻撃ボタンを押さないといけないので注意が必要です。

乗リマスターなどの乗り系スキルをつけてモドリ玉で戻るなどして乗りを繰り返すと面白いかもしれません。


結論

双剣でゴグマジオスのソロ討伐を目指すなら粘着無効スキルをつけ、強走薬を使わずに地道にコツコツとダメージを与えていくのが良いと思います。

ゴグマジオス ソロ討伐記事のまとめ

MH4G トップページ(52記事)

ページの先頭へ