SONY サイバーショットRX100M3に、純正アクセサリのグリップと液晶保護フィルムを取り付けました!

SONYのコンパクトデジタルカメラ「Cyver-shot RX100M3」に、純正アクセサリのグリップと液晶保護シートを装着しました!

液晶保護フィルム モニター保護セミハードシート PCK-LM15

今回購入した液晶保護フィルムは、RX100M3にも対応したSONY純正品のモニター保護シート。

純正品でなければもっと安い価格のフィルムもあるのですが、今回は価格よりも純正品の安心感が優先してコチラの保護シートを購入しました。

まずは液晶保護フィルムをご紹介。

対応製品をよく確認しましょう。RX100シリーズは、RX100M5が書かれていないのは発売したばかりでカメラのほうが新しいからでしょうか。

この液晶フィルム「PCK-LM15」は、セミハードタイプのモニター保護シートです。

保護シートはフィルムとは違って安定した形状なのでハリやすい。

●指紋が付きにくく、拭き取りやすい表面加工
●モニター画面をキズや汚れから守る、保護性に優れたセミハードタイプ
●厚めのシートで貼り易い
●シートを装着しても、照度センサーには影響がなく、自動輝度設定機能は有効に作動します
PCK-LM15 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

内容はシンプルに、保護シートと貼り方の手順解説イラストのみです。

どんな国の人でもわかるようになのか、一切言葉を使わずにイラストだけで貼る手順について解説されています。

説明書の上に書いてある「保護シートの中央部を画面に押し付けないでください」という部分が太字になっていますね。よほどマズイ行為なのでしょうか。

保護シート本体。両側から薄いフィルムが貼られて保護されている状態です。

いざめくって保護シートを貼っていきます。

ちょっと緊張します。フィルム系をモニターやディスプレイに貼る時って緊張しますよね。

貼り付けることができました。さすが純正品というべきか、保護シートが装着されていることがまったくわかりませんね。

ここまで近づいて見てうっすらと段差がわかる状態です。普段使用している時に気になるようなこともありません。

違和感まったくなしのシートでした。

アタッチメントグリップ AG-R2

続いてこちらはカメラを握りやすくしてくれるグリップ。

RX100M3はデザインは良いのですが、本体が重くてツルツルしているわりに、握るグリップなどがないためホールド性が悪いのです。

多くの方が、最初から付けておけ!とおっしゃるように、グリップなしでの運用は落下のリスクがあるので、購入することにしました。

グリップひとつとっても立派な箱なのはさすがソニーとでもいうべきでしょうか。

画像右上の対応表をみるとRX100シリーズに対応していることがわかります。

箱の中身はコレだけです。

説明書の説明も至ってシンプル。この製品で使い方に悩む方も珍しいことでしょう。

RX100、RX100M2ではわずかに隙間が空くようですね。外観からはRX100シリーズはすべて同じに見えますが、微妙な違いがあるようです。

グリップ本体。

裏面のコレを剥がして貼るだけのシンプルさです。

一度貼ったら貼り替えはできないほど強力な粘着力のあるテープなので、貼る時は十分に気をつけて位置決めをしてください。

グリップ装着前。

グリップ装着後。

グリップを貼る前は、落としてしまわないように握力を使ってホールドしていましたが、

グリップを貼ったら握りやすさが段違いで、軽い力で持てるようになりました。

見た目としてはないほうがシンプルで好きなので、落としてカメラをダメにしてしまっては元も子もありませんからね。

ページの先頭へ